天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

天文定数系

 

よみ方

てんもんていすうけい/てんもんじょうすうけい

英 語

system of astronomical constants

説 明

天文学で用いられる定数をまとめた体系。天体暦を作るもとにもなる。IAU1964天文定数系、IAU1976天文定数系、IAU2009天文定数系などがある。
相対性理論(とくに光速度不変の原理)にもとづくと、時刻系によって時間や長さのスケールに違いが生じる。このため、IAU2009天文定数系では地球時TT・力学時TDB・座標時TCBなどそれぞれの系における定数の値を提示しており、適切な値を選択する必要がある。また、2012年の国際天文学連合(IAU)総会においては、IAU2009天文定数系のうちガウス引力定数 k を定義定数から外し、天文単位 au を定数に固定、GM_{\rm S} は観測により定めることとなった。
現在ではこのようにIAUで採択された天文定数系のほかに、個々の定数に対する最も確からしい値も別途整備されている。こちらは必ずしも全体として整合性の取れた数値ではないが、最新の成果がまとめられている。必要に応じて使い分けるとよい。
IAU2009天文定数系:https://maia.usno.navy.mil/NSFA/IAU2009_consts.html
最も確からしい値:https://maia.usno.navy.mil/NSFA/NSFA_cbe.html

2019年07月03日更新

関連画像

IAU2009天文定数系
*IAU 2009/2012 天文定数系