天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

イベントホライズンテレスコープ

高

よみ方

いべんとほらいずんてれすこーぷ

英 語

Event Horizon Telescope

説 明

多数のミリ波・サブミリ波望遠鏡による地球規模の超長基線電波干渉計(VLBI)を構成して、ブラックホールのごく近傍、事象の地平線近くまでの画像を高い空間分解能で撮像し、ブラックホールの物理の解明を目指す国際研究プロジェクト。英語の頭文字を取ってEHTと略称されることがある。
ミリ波サブミリ波帯でのVLBIの実験的観測が始まったのは2000年代からで、3つの望遠鏡での観測が成功したのは2007年であった。その後、観測装置の改善や新たな望遠鏡を加えながら、2012年にブラックホールの事象の地平線近くまでの画像を得ることを目指してEHTの名称を掲げたプロジェクトが発足した。2019年現在、EHTコラボレーションは、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、北米、南米の 13 の研究機関とおよそ 200 名の研究者で構成されている。
EHTは2019年4月10日にブラックホールのシャドウ(影)を世界で初めて撮像したことを発表した。観測は2017年4月に、おとめ座銀河団(距離約6000万光年)にある巨大楕円銀河M87の中心にあるブラックホールに対して、波長1.3 mm(周波数230 GHz)の電波で行われ、空間分解能20マイクロ秒角を達成してブラックホールシャドウを描き出した。ブラックホールシャドウの視直径は事象の地平線までの距離(=シュバルツシルト半径)の5倍程度と考えられている。画像の空間分解能が20マイクロ秒角あれば月面に置いたゴルフボールが見える。
この観測に参加した電波望遠鏡は、アタカマパスファインダー実験施設望遠鏡(APEX、チリ)、アルマ望遠鏡(ALMA、チリ)、ミリ波電波天文学研究所30m望遠鏡(IRAM、スペイン)、ジェイムズクラークマクスウェル望遠鏡(JCMT、米国ハワイ)、アルフォンソセラノ大型ミリ波望遠鏡(Alfonso Serrano、メキシコ)、サブミリ波干渉計(SMA、米国ハワイ)、サブミリ波望遠鏡(SMT、米国アリゾナ)、南極望遠鏡(SPT、南極点)の8施設の望遠鏡である。SPTから北天にあるM87は観測できないが、データを較正するための参照天体の観測にSPTが参加した。各施設URLは以下に掲げられている。
EHTホームぺージ: https://eventhorizontelescope.org/
国立天文台ニュース: https://www.nao.ac.jp/news/science/2019/20190410-eht.html
アタカマパスファインダー実験施設望遠鏡(APEX、チリ)
http://www.apex-telescope.org/
アルマ望遠鏡(ALMA、チリ)
https://alma-telescope.jp/ (日本語サイト) https://www.almaobservatory.org/en/home/
ミリ波電波天文学研究所(IRAM、スペイン)
https://www.iram-institute.org/
ジェイムズクラークマクスウェル望遠鏡(JCMT、米国ハワイ)
https://www.eaobservatory.org/jcmt/
アルフォンソ・セラノ大型ミリ波望遠鏡(Alfonso Serrano、メキシコ)
http://www.lmtgtm.org/
サブミリ波干渉計(SMA、米国ハワイ)
https://www.cfa.harvard.edu/sma/
サブミリ波望遠鏡(SMT、米国アリゾナ)
http://aro.as.arizona.edu/
南極望遠鏡(SPT、南極点)
https://pole.uchicago.edu/

2019年04月11日更新

関連画像

EHTによるM87中心のブラックホールシャドウ(下)と東アジアVLBIネットワークによるジェットの詳細観測図(上右)。(上左)は可視光線で見たM87の中心部分。下図のブラックホールシャドウを取り巻くリング状の明るい部分の大きさはおよそ42マイクロ秒角。(クレジット: 国立天文台)
https://www.nao.ac.jp/news/sp/20190410-eht/images.html より
巨大楕円銀河M87の可視光写真。右上方向にジェットが出ているのが見える。(クレジット:ESO)
https://www.nao.ac.jp/news/sp/20190410-eht/images.html より

M87中心のブラックホールの周辺の想像図。(Credit: Jordy Davelaar et al./Radboud University/BlackHoleCam)
https://www.nao.ac.jp/news/sp/20190410-eht/images.html より
2017年観測時のEHT望遠鏡配置図。(Credit: NRAO/AUI/NSF)
https://www.nao.ac.jp/news/sp/20190410-eht/images.html より